新聞コラムのまとめサイト

全国紙・ブロック紙・地方紙からおすすめコラムを毎日いくつか取り上げていきます

6月14日のおすすめコラム。独断と偏見で選びました。

6月14日の全国の新聞社から気になったコラムをいくつか選びました。

なお、明日6月15日は新聞休刊日になります。

 

魔女の雑草「ストライガ」の撲滅へ(6/14 静岡新聞)

「魔女の雑草」と呼ばれる寄生植物ストライガ。アフリカで蔓延し、農作物の養分を吸い取って枯らしてしまう。参考webサイトの写真、その美しい花が魔女の雑草の花です。長年アフリカの人々を苦しめてきたが、近年日本人研究者らの手で防除手段の研究が進んでいる。 

また、『アフリカは貧困と飢えに加え、新型コロナウイルス感染症の拡大にもさらされている。先進国は自国の感染抑止と経済再建に躍起だが、今こそ国際社会の連帯と援助が求められることを忘れてほしくない』

-> ストライガの防除は多くの日本人研究者が活躍しています!!

 

参考webサイト:

 

「もったいない」という言葉(6/14 上毛新聞)

「もったいない」という言葉。貴重な資源が無駄遣いされているときに使うのが大抵だが、必要以上に物を増やしてしまいがちな自分達への戒めにもなっている。15年前、ケニアの環境保護活動家、ワンガリ・マータイさんが来日した際にこの日本語に出合い、環境問題で取り組むべき言葉として世界に広める運動を始めた。

新型コロナウイルス感染予防のため、政府が布マスクを全世帯に配布する取り組みだ。品薄がほぼ解消した今、巨費を投じて行う必要があったのかという疑問も出ている。「もったいない」の語の意味を改めて考えさせられた。

-> 個人的には、布マスクの全世帯配布の是非はともかく、何度も洗って使いまわせる"布"といいう点はよかったのでは思います! マスクを毎日使い捨てるのはもったいない。

 

曲がりねぎ(6/14 福島民友新聞)

郡山市の伝統野菜「阿久津曲がりねぎ」の苗植え作業が終盤を迎えている。阿久津曲がりねぎは明治30年ごろから栽培が始まり、その名の通り、曲がっている。春に植えたネギを夏場に掘り起こし、斜めに植え替える。この作業は重労働だが、同地区の畑は栽培に適した土が少ないため、少量の土でもネギの白く柔らかい部分を増やす工夫である。特有の甘みと柔らかさも引き出してくれる。

-> 食べたい。このネギの特有の甘みとはどんなだろう。

 

参考: 

郡山市の伝統野菜「阿久津曲がりねぎ」/郡山市公式ウェブサイト

 

人のためと信じたことでもかえって害になる危険がある(6/14 東京新聞)

ロシアの寓話「隠者と熊」(イワン・クルイロフ 著)。『山の中で隠者と暮らしていた熊が、あるとき昼寝をしている主人の顔にハエがとまっているのを見て、主人のためと思い親切心からはえをたたきました。ところが、くまは力が強かったので、主人を殴り殺す結果になった。』くまの親切はことわざですか?  - Yahoo!知恵袋。 この話しが教えているのは「人のためと信じたことでもかえって害になる危険があるということ」。

『政府は仮釈放中の性犯罪者に対し、GPS端末の装着を義務付けることを検討している。(中略)欧米や韓国などでは既に導入されており、再犯率の高い性犯罪の抑止には有効というデータもあるという。(中略)注意したいのは悪気のない熊にならぬことである。性犯罪という許し難いハエを追い払いたい。されどGPS監視というその石はあまりに強力すぎて人権や社会という大切なものを傷つけはしまいか』

-> もちろん釈放された犯罪者の人権を考慮する必要があるが、犯罪者の再犯リスク(つまり他人の人権や人生を侵害する)との天秤なので、答えは出そうな気がします。

 

首都機能移転論(6/14 北海道新聞)

東京の混雑は新型コロナの感染防止に良くない。コロナ禍で東京から本社を移転する企業が増える、首都機能移転論の再燃につながる。人口の地方分散は長期的課題として避けられない。と書いている。

一部抜粋『明治時代には外相兼臨時建築局総裁の井上馨が、東京から現在の群馬県伊勢崎市付近に都を移す「上州遷都論」の建議書を総理大臣の伊藤博文に提出した。理由は、東京が外敵からの攻撃に弱く地震も頻発することに加え、低湿地で水質が悪く、伝染病が多発することだった。新型コロナの感染者数は東京が群を抜いて多い。いったん収まったかに見えたが再拡大し、...』

-> 明治時代の東京の環境(低湿地、水質が悪さ)は今は改善されているのでは。この点をコロナの感染の理由として、首都移転を論ずるのは違うかも。東京が新型コロナの感染者数が多いのは、単純に人口の多さや海外からの人のアクセスや、夜の繁華街などが理由な気しますが。。コロナでリモートワークが進み、首都機能が移転(変化)することをイメージすることは同意。

 

↓ 本日6/14の全国紙(朝日、読売、毎日、産経、日経)の社説とコラムのまとめはこちらになります。


↓ その他、過去の気になったコラムをまとめています。