新聞コラムのまとめサイト

全国紙・ブロック紙・地方紙からおすすめコラムを毎日いくつか取り上げていきます

6月16日のおすすめコラム。独断と偏見で選びました。

全国の新聞各紙から最近の気になったコラムをいくつか選びました。長野日報の「東南アジアとヨーロッパに旅行したときの感覚の違い」を読んでいただけたらと思います。皆さん、なぜ犬は用を足すとき片脚をあげるのか知っていますか?今日はお菓子の日。これ、実は仁明天皇のユーモアに由来します。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」からの考察もなかなかです。

 

 

  

東南アジアとヨーロッパに旅行したときの感覚の違い(6/16 長野日報)

『何が差別意識を生み出し、増長させるのだろう。ある集団や個人を自分より下に位置付けることで、優越感を満たし、あるいは劣等感を解消しようとするのだろうか。』

海外旅行に行ったことある方はこの感覚をもったかもしれない。東南アジアを訪れた際、街並みはもちろん日本と異なるが、行き交う人々は同じアジア人。安心感を抱く一方、「こちらは日本人」と、見下すような感覚にとらわれたことをはないだろうか。(このコラムの作者は香港と韓国を例に出しましたがどちらの国もかなり発展しています。現代でいえば、東南アジアをイメージした方がベター)

他方、ヨーロッパやアメリカを旅する時。空港に降り立った瞬間から何か雰囲気にのまれてしまう。人々は男性も女性もかっこいい。何しろ、様になっている。矮小な自分を、少なからず卑屈にならざるを得ない。コラムの後半では米国の差別問題を、単なる特徴や傾向、イメージなどでひとくくりにすることが差別を生む下地となるのではないか、と書いています。

上記の例『ある集団や個人を自分より下に位置付けることで...』と「米国の差別問題」が同じことなのかわからないのですが、『差別は至る所に巣くい、根深いことを改めて知った』という点、同感です。

 

なぜ犬は用を足すとき片脚をあげるのか?(6/16 東京新聞)

昔々、犬は脚が3本だった。あるとき弘法大師(空海)登場。ある経緯があって、弘法大師は犬の脚を1本増やして4本にしてあげた、と言い伝えがあります。それから犬は「お偉いお坊さんにいただいた脚だから、オシッコかけて汚すわけにはいかない」と、もらった脚を汚さないように今でも脚をあげるようになったとさ。『日本俗信辞典』によると、こんなおまじないもある。「弘法大師がかけた情を忘れたか、ここ立ち退けよ!!」というと、犬にかまれないらしい。

-> 色々と突っ込みどころ多い...

愛知県豊橋市で三十代の外国籍男性が狂犬病に感染して亡くなった。国内では十四年ぶりの狂犬病。フィリピンで、犬に足首をかまれてしまったらしい。日本の愛犬家は海外で気をつけたい。日本は狂犬病を撲滅した数少ない国だが、世界ではアジアを中心にまだまだ一般的な病気。残念ながら、弘法大師のおまじないは日本語の分かる犬にしか効かないと心得るべき。

-> 海外に行く前に、愛犬家は必ず狂犬病ワクチンを打ちましょう。日本にいる自分の犬を思い出し、無性に近づきたくなるものです。

 

ちなみに、犬がおしっこのときに片脚あげるのは、なるべく高い位置におしっこをかけるためという説が多く支持されています。縄張り主張のためのマーキング。高い位置からの方が匂いは届きやすくなります。高い方が雨などで地面より流されにくくなるというのもあるかもしれません。弘法大師さん、あなたとは関係ないこと今ではGoogleで何でも調べられます。

 

仁明天皇のユーモア(6/16 陸奥新報)

『本日6/16は全国和菓子協会が定める「和菓子の日」。和菓子の日は疫病が広がっていた848年、仁明天皇が年号を「嘉祥(かしょう)」に改め、6/16に菓子を神前に供えて厄よけと健康を祈願したことにちなむ。江戸時代には「嘉祥(かじょう)喰い」として菓子を食べる風習があった。』

-> 仁明天皇のユーモア!!

 

ドラマ「逃げ恥」からみる、契約結婚のメリット(6/16 高知新聞)

コロナ禍。テレビも再放送が多い。社会派ラブコメ・ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」から考えた話し。このドラマは、派遣切りにあった女性が恋愛経験ゼロの男性と契約結婚し、雇用関係を結ぶ、というストーリー。

そのうち心の距離も縮まって…回を追うごとに“本物の夫婦”になっていく。となると、仕事として有償で行っていた家事が、本物の夫婦になった途端に無償となり、しかも有償の時と同じ質の高さを求められる。これって愛情の搾取では? 結局、女性の負担が重くなってしまう。

「逃げ恥」の2人は共同生活の不具合を早期に見つけ、話し合いで修正していく。そんな物語を支持する若い世代が頼もしい。-> 修正できたのはドラマだから? 現実はそんなに簡単では... 

↓ 下記参考サイト

“逃げ恥”ブームに見る「契約結婚」のメリット&デメリット(1/2) - mimot.(ミモット)

 

 

↓ 本日6/16の全国紙(朝日、読売、毎日、産経、日経)の社説とコラムのまとめはこちらになります。

www.shasetsu.info


↓ その他、過去の気になったコラムをまとめています。